自分の昔の話

 

昔のこと何個か思い出したので書いてみる。

 

幼稚園の頃の悪いこと

嫌いな同級生(幼稚園の場合同級生というのか?)が座ろうとしてた椅子を引いた、そいつは転んで泣いてた、俺がやったとはバレてなくて、俺はちょっとドキドキしてたけど、すごい楽しかった。

 

小学生の頃の悪いこと

先生との交換日記みたいなやつで先生に宿題かなんかをやらなかったことを注意されたから"うるさい"って書いた。

次の日の道徳かなんかの時間で、先生が「みんなに考えてほしいことがあります」だとか言ってて、そのときは俺は全然話聞いてなくて「私が書いたメッセージに"うるさい"と書いた人がいます」と言ったあたりで、前を見てあれ俺のノートじゃね?と思ってにやにやしてたのを覚えてる、そのあと結局みんなの前で先生に謝った。

 

嫌いな同級生に"お前のこと嫌いだから話しかけるな死ね"みたいなことを書いた手紙を渡した、その同級生は先生に言わなかったけど机の掃除かなんかのときにその手紙がたまたま見つかって俺は怒られた、俺じゃないって言ってみたけど、その手紙は俺がよく使ってたなんかディズニーのなんかのキャラがついたメモ帳だったからすぐバレた。

 

今までの人生、ムカつく腹が立つクソみたいな先生しかいなかった、みんな殺したやりたいような人間だった。

小学生の頃は先生が言うことに納得できなくてよく泣いてた、中学生の頃はとにかく反抗してた、高校生になって、そういう大人が怖いと思った。(俺を怖がらせた大人は病気で苦しんで死んでほしい)

通信制高校にいた女の先生だけは唯一好きだった、優しかった、たまに怒ったけど理不尽なことで怒ったりしなかった。人として素敵な人だった。

 

小学生から中学生、高校中退するまでの期間、宿題も勉強も全然しなかった、やりたくないというかなんとなくできなかったし、できないから頑張ってやろうとも思わなかった。

 

小学生の頃のいじめ

小学生の頃は同じ部活の同級生からよくいじめられていた、小学生までは俺もちょっと頑張ってやり返してたので、彼らにとっては弱いやつが抵抗してる様子が楽しかったんだと思う。(あいつら全員死ぬほどつらい病気になれ)

殴られたり蹴られたりは正直どうにもできなかった、小さくて弱かったからやり返すこともできなかった。ジャングルジムに登ってたときに足引っ張られて落ちて捻挫したこともある、あのとき骨でも折っとけばそれ以上いじめられなかったんじゃないかなと思う、捻挫じゃ弱いよな。

その頃は部活の顧問から殴られる指導、所謂体罰がまだ普通に行われていて、親たちもそれが指導だと思ってて、そういう時代。俺はスポーツ全般がうまくできなくて、よく叩かれて怒鳴られてた、顧問が憎くて殺してやりたいとずっと思ってた。(あいつの子供が病気になればいい)

 

仕返し

でも俺はちょっとだけ賢くて、暴力以外のいじめにはやり返してた。物を隠されることは少なかったんだけど、俺のランドセルの中に俺の物じゃない物が入ってることがよくあった。あいつが盗んだ!っていう手の込んだいじめ。同級生の私物が多かったけど、たまに練習試合で行ったよその学校の備品とかが入ってることもあった。

一番よく覚えてるのが家に帰ったときに俺のじゃない本がランドセルに入ってて、またかと思いながら持ち主はわかってたし、欲しかった本だからちょっと読んだ。次の日ちょっと早く学校に行って持ち主の机に返した。

いじめっこが「またあいつが本盗んだぞ!」みたいなこと言うんだけど、持ち主は机の中見て「あるけど…」って言って、いじめっこが「あれ?」ってすごい焦ってたの覚えてる、すごい気分が良かった。やり返すのって気持ちいいに決まってるんだよな。

自分がいじめっこじゃなくて良かった、人をいじめる楽しさ覚えてしまってたらかなりエスカレートするタイプの子供だったと思う。

 

いじめとは関係ないけど、縄跳びのテストの前の日、縄跳びは苦手じゃなかったんだけど、人の前でなんかするのは好きじゃなかったから、怪我したら行かなくてもいいんじゃないかと思って家のクローゼットに何回も頭をぶつけてた、普通に親に止められた。その頃から今の自傷癖に通じる思考があったのかもしれない。

 

親にいじめのことを話したかどうかは覚えてないけど、俺の性格を考えるとたぶん親には黙ってたと思う、でも親は俺が同級生に叩かれてるところは見てたよ。親は俺になんて言ったのか、何も言わなかったのか、覚えてないから俺のためになる行動はしてくれなかったんだと思う。

 

大人になっても変わらないこと

いじめをやり返すのは楽しいし、今みたいに気が弱いわけでもなかったけど、小学生の頃はやっぱり子供で、学校行く前に行きたくないって言って泣いたことがあった。

高校生の頃はいじめられてはいなかったけど行きたくないと言って泣いた。一番泣いた時期だと思う。

大学の頃は電車乗ってる途中で行きたくなくなって死にたくなって海に行って死のうかなと思って電車で海に行く途中、その日友達と遊ぶ予定あるんだったと思い出して戻って来た、大学には行かなかった、友達に会ったとき抱きしめてもらった。

 

高校の頃の友達

高校、中退するまではよく保健室にいた、俺と一緒で保健室によくいた同じクラスの人が話しかけてくれた。アスペルガー症候群の人だったけど正直話が通じないなとか思ったことなかった、メールもたまにしてた。

同じ精神科に通ってた、待合室で一度だけ見かけたけど精神科にいるときって憂鬱で緊張してるというか、友達がいたとしてもかなりどうでもいい、話しかける気にもならなかった、彼は座って下を向いてて俺には気づいてなかった気がする。

仲良くしてた期間は1年もなかったと思う。俺がすぐ学校辞めたから、たしか彼も辞めた気がする、今どうしてるかは知らないけど、穏やかに暮らしてたらいいなとなんとなく思う。俺に優しくしてくれた人のことはずっと好きでいられる。

 

失敗

自分がおかしくなって病院に行かないといけなくなったのは高校生の頃からだと思ってたけど、もっと子供のときからちょっと変なやつだったかもしれない。子供のときが変でも改善して普通に過ごしてる人が多いのかなと思うけど、俺はちょっとうまくいかなかったかもしれない、何を失敗したかな。大きい失敗というより、失敗にカウントされないくらいのめちゃくちゃ小さい失敗を毎日毎日やってたのかもしれない。

これからどうしたらいいんだろうな。どうにかなるのかな。頑張って頑張って頑張って本当にちょっとだけ改善されるくらいなら、今すぐ死んで終わらせた方が楽だと思うよ。そう思ってしまうよ。そう思ってしまうことが俺の問題なんだろうけど、どうしたら死ぬことは悪いことだと理解できるんだろうな。理解というより、なんだろうな、よくわらないけどそういうことでもない気がする。理解より根本的ななんか。最初から全部違ってるかもしれない。全部って何?

難しいよ、考えたってわからないな。考え続けるしかないよ。このこと自体が罰を受けてる気がする。考えたってしかたないこと、わからないことを考え続ける罰。そうだとしたら誰が罰を与えてる?と思うけど、これは俺の中だけの出来事だから、罰を与えてるのもたぶん俺だよな。結局これも自傷行為みたいなものか?

自分は苦しんで当たり前の人間、罰がないと生きられないのかもしれない、罰を与えられないと生きる資格すらなくなるんじゃ?俺の自傷行為は死ぬためじゃなく生きるためだって、自分ではそう思ってるけど、やっぱりそうなんだと思う。俺が生きやすくなるように、俺がそうしてるのかもしれない。

 

小さい頃の俺がなりたくなかったというか、それ以上に、こんなことになると思ってなかったという状況に今俺がいるよ。笑っちゃうよな、タイムマシンで昔に戻れたら小さい頃の自分の頭を重いブロックかなんかで殴って殺してあげられるのに。

小さい自分を殺したら、学校の裏の湿地に沈めてやる。緑色の暗い湿地、実際学校の裏には湿地はないんだけど、俺の夢の中に出てくる学校の裏には湿地がある。そこに沈める。かわいそうにと言って泣いてやって、近くの花を摘んで死んだ俺のそばに浮かべて、しばらくそばで泣いてるよ。そのうち俺も消えていくんだと思う。いい未来だよな。空想でしかない、実現しないすごいい未来。俺が憧れてしまうのはいつも実現しないことばっかりだ。

 

全部嘘

自分が死ぬことって目に見えないずっと遠くのことだと思ってたのに、今はもうすぐそのへんに見える、最近見えるようになった、手が届くところにあって、目に見えるし、もう時間がないこともわかってきてしまった、自分がもうすぐ死ぬことがわかる、死んでしまうんだと思って悲しくなる

死にたいとか死にたくないとか、そういうことじゃなく、自分はもう死んでしまうからどうしたらいいんだろうと考えてる、俺がもうすぐ死ぬことは事実で、俺の意思ではどうにもならないと思う、死ぬんだよ、死ぬんだよな、自分が死ぬ前に自分が死ぬことを知れたことはラッキーだと思う、でもじゃあ俺は何をしたらいいの、何をしたって意味がないんだよな、もうすぐなくなるんだよな、全部全部持っていけないものばっかりで、俺が死んだ後に生きていく人間も俺には関係ない、自分がこの世からいなくなる、俺一人が消える、どうしたらいいんだ、何をするのが正しいんだ

年寄りが終活だとか言って物を捨てたり譲ったりしてるのをテレビで見たけど、そんなことしてる余裕もないんだよな、わかるか?そんなことしてられないんだよ、無駄だよ全部、残された人間のことなんか考えてる余裕は俺にはないよ、ちゃんと考えろよ、俺が死んだからって家族とか知人とか、数日悲しんで終わりだよ、親ならすぐ忘れることはないかもしれないけど、いつか俺のことも薄くなっていくんだよ、何も心配いらない、俺の家族はみんな俺と違って頭がいいし心もしっかりしてる、俺みたいなわけわからないこと言って人を困らせる馬鹿じゃない、みんなとわかる話をしてみんなと同じ場所で生きてるんだようちの家族の人間は、みんなの言ってることもわからないし俺が言うことをみんな理解してくれない、そんな感じの俺みたいな人間じゃないよ、そんなだめなやつじゃない、俺はわかってるんだよちゃんと、俺が心配することじゃない

俺がもうすぐ死ぬことで、俺がしないといけないことはなんなのか、観たい映画を観るとか、読んでない本を読むとか、それで?それで?意味ないんじゃないか、もうすぐ死ぬのに

最近、いつも、俺の目の前で、俺が左手になんかハサミとか、サンドイッチ切る小さいナイフ、そういうのを左手の甲に突き刺してる、なんでそんなことするのかわからない、やめた方がいいと思っても、特に俺が怒ってるときとか、苦しいときとか特に、そういうのを見せてくる、脅しみたいなものか?ちゃんとしないとこうするぞ、ということを俺に教えてる?

最近、いろんなものが見えるようになった、見えるものが増えた、右目の視力は落ちてるみたいで前より白くぼやけるようになった、目が見えなくなっても見え続けるものはたくさんあると思う、全部が全部現実じゃないことはちゃんと理解してる、俺の周りにいる虫も半分以上が現実じゃないと思う、わからないけとたぶん、それはわかってるけどどれが現実でどれが俺にだけ見えてる嘘なのか、違いがわからない、そもそもなんで俺はそういう嘘を俺に見せるんだ?このことに何か意味はあるのか?俺が嘘の虫を見たり、嘘の人間を見たり、嘘の人間の声を聞いたりする、この意味は?俺はなんで嘘が見えるようになったのか、なんで俺は俺に嘘を見せるのか、精神的にどうにかなってるとしても、これを見てるのも見せてるのも俺だから、俺だけの、俺の中だけで起こってる問題だから、わかるのも俺だけのはずだ、考えないとわからないよ、考えてもわからないかもしれない、考えて、とにかく理由がわからないと解消もされないだろ、わかってるか?俺が解決する問題だよこれは、ちゃんとしろ、お前のせいだ、全部お前のせいで俺がこうやってどうでもいいことを考えないといけなくなる、許さないからな、いつも、同じことをさせる、お前が問題を起こして、俺がそれをどうにかしなきゃいけない、どうにもならないときにお前がまた別の問題を起こして、それも考えないといけない、俺がこうやってお前のことで悩まされてるのは、全部お前のせいだからな、俺は何もしてないのに、お前が良くないことをすると全部俺のせいになる、わかってるか、わかってるか、お前がいなくなれば俺が死ぬこともないんだよ、お前が最初から存在しなかったら、俺はちゃんと生きてたよ、母親が思うような、いい息子になってたよ、わかってるか、お前のせいなんだよ、お前が死んでくれよ、俺じゃなくてお前が死んでくれ、一番いい考えだよ、お前が死ねばいいのに、近くにいたら殺してやるのに、お前のせいだよ

なんかさぁ、寂しい、死ぬのに、死ぬのに俺はまだ一人でさ、一人で死ぬんだよ、寂しいと思うよ誰だって

寂しいから久しぶりに友達に話しかけた、友達は俺のこと思い出して昔の話をしてくれた、俺のことを考えてる人がいてくれて嬉しいな、まだ救われるはずなのに、友達がいてくれるのに、俺は死ぬのか、そんなことがあるのか、悲しい、死ぬ日は選べないもんな、わかってるよ、死ぬ日は変えられないよ、どうにもならないよ、どうにもならないことをどうにかしようとしても、疲れるだけだよな、わかってるよ、わかってるよ、もう俺はすごい疲れたから、もうどうにかしなくたって大丈夫だよな、何もしなくていいよ、終わるまで真面目なことを考えずに、てきとーに生きてるのがいい、映画でも、テレビでもなんでも、自分が死ぬことを忘れるくらいにゆっくり、好きなもの食ったりして、ゆっくり終わろう、何もしなくていい、たくさんやった、偉いな、もうすぐ休む時間が来るだけだな、安心して待ってればいい、もうすぐ終わる、もうすぐ、長い時間じゃない、待ち疲れるほどの時間じゃない、短い時間、本当に少しだ

自分と他人の話、自分の話

 

どこまでが自分でどこからが他人かわかってるか?

という話なんだけど、例えば私の母親は自分と他人の違いがわかってないと思う。「普通に考えたらこれくらいわかるでしょ」とよく言うし、自分の中の普通が他人にも反映されてると思ってる。自分と他人が別の生き物だということをわかってない。

俺はどうなんだろうと考えてみたけど、とりあえず自分と他人の違いはわかってる。自分の気持ちが他人に伝わらなくてイライラすることもあるけど、それはしょうがないことだと理解してる(短気すぎてイライラはしてしまうが)。

それだけで終わればわりと賢い人間じゃん、となるが、俺の場合自分の中に他人を感じてしまう。多重人格とか、裏表が激しくて別人になる的なことではなく、ただ自分の数を勝手に増やしてる。自己分析をしたり自分を客観的に見る癖というか、一部は癖で一部は趣味?みたいなものなんだけど、例えばなんか失敗したことがあったら、目の前に座ってる失敗した俺に対して、失敗してない俺が怒ってる感じ。失敗した自分を他人として扱いがちかもしれない、失敗した自分は嫌いだし自分でいてほしくない。俺が何か失敗したんだから、失敗した自分しか存在していないのに、想像の中で失敗しなかった自分が出てくる。これは人格じゃなくて、なんかこう頭の中に天使と悪魔がいるみたいなあれに近い(と思うがよくわからん)。

自分と他人は違うからわかりあえない、自分の中に他人がいるからもちろんわかりあえないし、自分の中で意見とか考えを一つに絞れなかったりする。

そもそも自分は一人なんだろうか、体は一つかもしれないけど中には何人の自分が入ってるんだろう。

 

さっそく今自分が書いたことに疑問を持ったけど

多重人格の人は一つの体の中に何人も人が入ってる状態を言うのかな、よくわからないが。

そうなると自分の中の自分が何人いたとしてもそれは自分だから、俺の体には俺しかいないということになるのか。

多重人格は名前が違う人同士で一つの体をシェアしてる、俺はこの体に俺しか住んでない。でも俺は自分の体の中に他人の存在を感じたりする。でもいるのは俺だけ、自分の影にびっくりするような感じか?

難しい、よくわからなくなってきた。

 

頭痛

風邪薬なんか飲んでると頭が悪くなるぞ、風邪薬なんか飲んでるやつは頭が悪い。

暑くてなのか何なのかわからないが最近頭痛が多くて困る、たぶん暑いせいだな。昔、部活中に俺だけ熱中症で倒れたりしたし、今も仕事場で暑い暑いって言って汗かいて頭痛がしてるの俺だけだし、熱中症になりやすいというか暑さに弱いとかそういうのあるのかな。

 

ミシッ

臆病な子猫ちゃんなので夜中の天井のきしむ音とかでめちゃくちゃびびってしまう。

 

 

映画の感想文できるだけ書きたいな、書き途中なのたくさんある、小説の感想文も書きたい。

馬鹿なので風邪薬飲んでふわふわしてる。夜寝ることに不安があるんだけど、睡眠薬は精神科じゃなくても睡眠なんちゃら科みたいなのでもらえるかな。精神科通院歴あるやつにまともな睡眠薬出してくれるのかな。とりあえず安心して寝たい。寝てるときだけは安心したい、途中で目覚めるのもおもしろくないんだ。

眠くなってきた、寝よう。

6.8(2)

外界からの刺激を遮断すると俺は楽になれるのか?と考えてるけど、どうだろう。

耳が聞こえなくなったら目の前で何かを言ってる人間を見て自分の悪口が聞こえるようになると思う。

目が見えなくなったら人の声、俺のことを言ってる話でも俺じゃない知らないの人間の悪口でも、全部俺を見て言ってるように聞こえると思う。

目が見えなくなって耳が聞こえなくなったら俺の頭の中の人間がずっと俺の中で俺について話し続けると思う。

外界からの一部の刺激を自分の中で(繰り返して増やすみたいな意味の単語が思い出せない)させる癖があるというか、性格なんだろうけど。所謂被害妄想で、ないものがあるように感じる、あるかないかわからないものがあるように感じる。

ドアしかない部屋に入れられたらドアの向こうに人が立っているような気がして不安になるような感じ、実際にはドアしかないのに。人が立ってる気がするというより、人が立ってることを俺はわかってる。ドアの向こうは俺には見えないけど、人が立ってることが俺はわかる。それがわからない人間は誰もいないから大丈夫だということを俺に説明するけど、俺には人が立ってることがわかってしまっているので説明されても無意味で、俺にはわかってる。人が立ってる、俺にはわかってる。頭がぐちゃぐちゃになってるときはそういうことがわかるようになる。まともなときはドアの向こうに人がいるなんて思わないし、たまにドアを開けて確認したりもできる、まともなときは。

このドアの例え話はかなり的確でわかりやすいと思うんだけど、ぐちゃぐちゃの俺とまともな俺の間でだけ理解しあえる話なのかもしれない。俺以外の誰かにこの話は理解できますか?と確認してもらいたい。俺の中でだけの常識を作りあげたりするから、母親にお前は普通じゃないとか言われたりするんだと思う。修正が必要なんだよな。母親は俺の話を聞かないし修正もしてくれない、それなのに俺が普通じゃないとか言って怒る。そもそも母親に俺を修正する能力があるのか?母親は俺に自立させたくて俺に自分で考えるように促してるんだろうか、間違った考え方や自分の中でだけ通用する常識を持って考えてもどんどん形は悪くなる一方だし、最終的に修正もできない、最初からやり直しもできない、燃やして捨てるだけということになる気がする。何回やっても同じ結果になる。

風邪薬のオーバードーズの量が増えてきた、今まで薬(もちろん違法ではないもの)を飲んで吐いたことはないけど何度か倒れたことはある。小さい頃から具合が悪くても吐くことはあまりなかったので、体質もあるんだろうか。人生で吐いた記憶は一度しかなくて、クリスマスか誕生日にケーキを食べ過ぎて夜ベッドで吐いたこと。それしか覚えてない。

足が浮いてる感じがして、手も熱っぽくて軽い感じ、頭は白いもやがかかってきて、悪いこともいいことも見えなくなる。

 

給料なしで働いてる方が気分が良いときもある、ボランティア的な意味ではなく俺の気持ちの問題で、こんなに仕事ができない人間が金をもらっていていいわけがないと思う。金をもらうほどのことをしたときが一度でもあったか?

なんか今日のねこは機嫌が良くて俺に優しい。

もう寝てもいいかな、いいだろうか。年内に俺が消えるような気持ちがずっとある、本当にそんな感じがする。そうなのかもしれない。

6.8

自分はどっかが人より劣ってるってより、悲しさの感受性が発達してるのかもしれないと思った。みんなにとってさそんな大したことではないのに俺の中だとめちゃくちゃ小さい悲しいことがめちゃくちゃ大事として取り扱われてる。誰がそんなことしてるのかはわからないし、単に性格の問題なのかもしれない。

この作品を観て多くの若者が自殺しましたみたいな映画とかドラマを観て自分が自殺するかどうか試したいよな。死ななかった場合気分が落ち込んでさらに生きるのが嫌になりながら生きていくのかと思うと自殺する方が魅力的だ。考えさせられる内容だったとか馬鹿みたいな感想をツイートする馬鹿でいたい。考えない人間が一番生きやすい。

人生の中でのつらい出来事とか悲しい出来事の数が多ければ多いほど自殺しやすくなるというより、自殺しない人は何があっても自殺しない気がする、耐久度というより向き不向きというか。全然綺麗なまま死ぬ人もいるだろうし汚くなって粉々になってても生きてる人もいるだろうし。人間として生きてく向き不向きか。

自殺を美化してるわけじゃないけど、そんなに悪いことだとは思っていなくて、人生の選択としては完全にありだと思う。何をやったっていいはず、殺人よりいいはず。いいのか?悲しむべきじゃないし、今世が居心地のいい場所ではなかっただけで、悲しむことじゃない。悪いことなんかしてない。

母親は俺の話を全然聞かない、自己中心的で自分に都合のいいことしか聞こえないようになってる。ゴミみたいな親だ。嫌いになれたらめちゃくちゃ楽で、ゴミを他人だと思いたい。クソゴミが。死ね。クソが。そう思っていたい。どこにも誰にも何も言えないよ。母親がいないとどうにもならないよ俺は。

選択肢とか難しいし、俺は何かを決めるのがすごく苦手で、どうでもいいこととかどっちでもいいこととか、難しいことは自分で決められない。だからといって人に言われたことをこなせるわけじゃない。最悪だよな。

死にたい気持ちで脳が覆われてるしこんな文章書いてるより座って丸まってる方がいい。文章書いてる場合じゃないし、どうせまともな文にもなってない。でも俺は自分の気持ちとか考えてることをメモしてそれを後から見て馬鹿にして笑うのがすごく好きで、ゴミになってる自分を蔑むことはすごく楽しい、馬鹿みたいなこと言ってる自分が何よりおかしいと思う。気持ち悪い人間がずっと喋ってる。

死にたいし将来は怖いし死んでしまいたい。子供は3人いる、俺が一人自殺したくらいで心が折れるような人間じゃないよ俺の母親は。きっと。悲しむかもしれない、悲しむだろうけど、金の負担もなくなる、ろくに働きもせず飯食ってるゴミがいなくなる。最高だよな、何も悪いことない。俺の世話もしなくてよくなる。死んであげたい。親孝行な気がする。俺が生き続けてるよりずっと母親に優しい。優しいんだよ俺は。ちゃんとかんがえてる。

風邪薬なんか飲んだって何の意味もないし何も改善しない、馬鹿だよ本当に。風呂に入りながら風邪薬のオーバードーズなんか無意味だからやめろよって思ったしやめようと思った、風呂上がってから普通に風邪薬を飲み始める。つらくて悲しくて眠れないんだよな。安心して落ち着いてふわふわして何もわからない状態で寝たいんだよ。そのまま目覚めたくもない。クソだ、マジで、本当にイライラする。

悲しい気持ちだ、手足があったかくなってしびれる感じがする。

寝よう、寝ような。今日もだめだったな、かわいそうに。明日もきっとだめだろうな、自分がかわいそうだよ。腹も痛い、何もかも悪い。