日々救済されている

左足首を回すとパキッとそこそこでかい音で骨?関節?が鳴るんだけどその音で猫がビクッとしてたの本当に笑った、かわいい。

 

 人間ら

本当にたくさんの人間らが集まっている場が嫌いで、買い物とかで周りに知らない人間らがいるのはいいんだけど、職場で少なからず自分と関係のある人間らが周りにいるのものすごくつらい。

 

悪口

職場の人間ら、悪口大好きマンが多いのですが「悪口は言われる人が悪いからw」という理論を持っていて最強過ぎる。

あと俺みたいな地味なやつをからかって絡んでくる人間らが本当に苦手。楽しそうに俺をからかってくる様子を見て、昔同じように俺をからかっていた同級生を思い出したりした。

みんな楽しそうだ。昔からちゃんと話したりすることができない俺の周りにいた人間らはみんな楽しそうだった。低レベルの人間を見て楽しめるのお手軽だし羨ましい。どう考えてもいじめっ子の人生の方が楽しいに決まってる。

 

しんどい

やはり仕事(というか人間)がしんどくなってきたのですが最近ものすごく独り言が増えてしまった。

職場でコミュニケーションがうまくできなかったりした後、何度もその光景が頭に浮かんでは「そうだよなぁ」「しょうがないよなぁ」「もうダメだなぁ」などと独り言を言ってしまう。誰に言ってるとかいうのもなくただ気づいたら声に出ている。

声に出してるのは私ではないのだろうか。

 

猫がかわいいからオールオッケー

職場がしんどくても家に帰るとかわいいかわいいにゃんにゃちゃんがいてくれるし、職場の人間らに嫌われていてもにゃんにゃちゃんはダメな俺と一緒にねんねしてくれる。オールオッケー過ぎる。

猫だけが救済だ。

 

安らぎの時間がやってくる、睡眠に入ります。

明日起きたら調子良くなっているはず。

Hyvää yötä, sininenjoki.